求人募集も非常に多いため活発な傾向にある

総合内科医師の転職動向として、求人募集も非常に多いためにとても活発な傾向にあります。

厚生労働省による「必要医師数実態調査」によれば、現員医師数28.000人以上の内科医は一番多い科になります。

豊富な求人募集によって、給与や勤務地の妥協をせずに、キャリアアップのための転職がしやすい傾向にあります。


ほぼ全ての都道府県で勤務地を探せる

また、内科医は非常勤の医師募集も多いため、ほぼ全ての都道府県で勤務地を探せるというメリットがあります。

こういった求人事情から、内科医は転職によるキャリアアップ、給与水準の上昇、希望の医療形態といった自身の働き方に合った勤務地を探しやすいと言えます。

自分の働き方を選びやすいというメリットは転職する上で重要になりますよね。

しかし、求人が多い分医療施設によって求められるスキルが多岐に渡ることも内科勤務医の特徴でもあります。


将来的に開業を考えている先生にとって非常にオススメ

軽症の患者さんから対応の難しい慢性疾患の患者さんと幅広い対応が求められます。

それだけ様々な症例の患者さんと接する事ができるということは、それだけ多くの経験を積めるということでもあります。

そのため、将来的に開業を考えている先生にとって内科の勤務は非常にオススメできる環境でもあると言えます。