総合内科医師の給与水準

総合内科医師の転職においてやはり一番気になる事は給与水準ではないでしょうか。

実は各都道府県によって平均年収に大きな差がある事をご存知ですか?

ここでは総務省統計局による「賃金構造基本統計調査」を元に関東、近畿、、東北、中部、中国四国、九州と各地域の平均年収データを見てみたいと思います。


各地域の水準について

関東地区について

関東地区を見てみましょう。

関東地区では群馬県が約1500万円と他県を大きく引き離しています。

これに大して東京都の平均は760万円と約2倍もの差があることがわかります。


近畿地方について

次に近畿地方はどうでしょうか。

近畿で一番平均年収の高いのは和歌山県でこちらも約1500万円になっています。

一番低い兵庫県が約1100万円と関東地区程の開きは無いことが伺えます。


東北地区について

続いて東北地方について。

ここでは約1700万円と北海道がダントツに平均年収は高いようです。

一番低い岩手県が720万円なので、なんと1000万円もの差が開いていることになります。


中部地方と中国・四国地方について

同じく中部地方と中国・四国地方もそれぞれ、1750万円の福井県に対して石川県が730万円、1660万円の高知県に対して広島県が770万円とどちらも1000万円近くの差が開いています。


九州地区について

最後に九州地区はどうでしょうか。

一番平均給与の高い長崎県が1700万円に対して一番低い佐賀県が1100万円と600万円の差はあるものの全体的に平均年収は高めのようです。

こうして各都道府県別に見てみると都心部よりも地方の方が平均給与水準が高いという興味深いデータが伺えますね。

 

また、求人サイトを通して転職した場合、平均年収は増加する傾向にあります。

地域別でみると、千葉県で約160万円、茨城で約330万円、栃木県で約290万円とすべての地域でメディウェル経由の転職のほうが年収が高くなっています。
引用元:https://www.dr-10.com/area/syutoken/chiba/

こういったデータも参考にして自分のニーズに沿った地域選びをしてみてはいかがでしょうか。