一番重要なポイントは勤務先の選定

総合内科医師の転職において一番重要なポイントは勤務先の選定であると言えます。

なぜ勤務先選びが一番重要なのか、それは内科医の勤務形態が少し特殊であるからです。

特殊というのも、内科医は求められる業務が非常に多岐に渡ります。

外来患者への診療、病棟での当直業務などの通常業務の他にも提携している介護施設や退院した患者様のケアのための往診を求められる場合もあります。

大規模な病院、中小規模の病院、クリニックとそれぞれの施設での内科医の業務内容は大きく異なってきます。

例えばクリニック勤務だと当直はないかわりに、濃密な人間関係が求められたりします。

それだけに自分のイメージと合わない勤務地を選んでしまえば、大きな負担としてのしかかってきます。


信頼のできるコンサルタントと話し合いながら

そこで転職の際には専門の求人サイトを使って、信頼のできるコンサルタントと話し合いながら勤務地の選定を行う事をオススメします。

経験豊富なコンサルタントと自分のやりたいこと、やれること、求められている事等を入念に相談することで勤務地選びに失敗するリスクを大幅に減らすことができます。

転職は今後の自分の人生を決める大一番です。

自分のライフプランを充実させるためにも、転職の際には十分な準備をしてから臨みましょう。