医局の存在は大きい

総合内科医師の転職において医局の存在は大きいものです。

医師の転職情報を得るためのソースがほとんどなかったひと昔前は、医局に逆らったら食っていけなくなると言われていたほど 医局の支配力は絶対でした。

インターネットが普及して医師の転職求人サイトが増えたことにより、医局の影響力は弱くなりましたが未だに無視できるような存在ではありません。

そのため、もし退局する場合は理由とタイミングを見誤らないようにしたいものです。


医局を辞める事によるデメリットについて考えてみる

まずは医局を辞める事によるデメリットについて考えてみましょう。

まず考えられる事は、教授などの職階を目指す道が断たれる事です。

もし大学教授や准教授を目指したいのならば絶対に退局すべきではありません。

また、研究に従事したい場合も医局を離れる事は避けるべきでしょう。


医局を辞める適切なタイミングとは

それでは医局を辞める適切なタイミングとはいつなんでしょうか?

主に年収アップを目指す場合、家族のプライベートを優先したい場合、臨床医としてキャリアアップしたい場合 これらを強く思うようになった場合は退局のタイミングと言えます。

また、退局の際にはできるだけ平和的に解決することを優先しましょう。

医局を敵にまわしてもデメリットしかありません。

退局理由も「家庭の事情」で押し通す事をおすすめします。